コーヒー タバコ にんにく 口臭

口臭の原因は?「コーヒー」「タバコ」「にんにく」が口を臭くする!

口臭の原因となる食べ物は?と聞かれたら、
おそらく多くの人が『にんにく』と答えると思います。

 

確かににんにくを食べると長い間臭いが続きますよね。

 

これは、にんにくに含まれる『アリルメチルスルフィド』という
臭い成分が血液中に溶け込み、体内を巡っているためなのです。

 

そのため、いくら歯磨きをしてもあまり効果はありません。

 

にんにくによる口臭の改善には、『牛乳』が効果的です。
牛乳に含まれるタンパク質が、にんにくの臭い成分を分解してくれるのだそうです。

 

口臭の原因となるのは、にんにくだけではありません。

 

『タバコ』も口臭の原因になります。
非喫煙者からすると、喫煙者は正直なところ臭いです。

 

口臭だけでなく、タバコの煙が服についているため全体的に臭ってしまいます。
タバコによる口臭の原因は、タールやニコチンです。

 

これらはタバコを吸ったあと一定時間肺の中に留まりますから、
タバコを吸ったら深呼吸を繰り返して体内の『タバコの臭い』を吐き出してしまいましょう。

 

そして最後に『コーヒー』です。

 

コーヒー豆の微粒子が舌につきやすく、
またコーヒーを飲むと口の中のphが著しく低下するため、口臭がしやすくなるのだそうです。

 

自分では気づきにくいかもしれませんが、
コーヒーを飲んだあとに舌がザラザラする感じがしたら、要注意です。

 

コーヒーによる口臭は、コーヒーを飲んだあとに水や緑茶を飲むと防ぐことが出来ますよ。
コーヒー=口臭のするものという認識はまだ低く、口臭に気づいていない人も多いです。

 

相手を不快にさせないためにも、まずは自分で口臭を意識するところから始めてみましょう。

 

次のページでは、口臭対策に効果があると言われるサプリメントをご紹介します!

 

口コミで評判の良い口臭対策サプリメントランキング!