歯石 虫歯 口臭

歯石・虫歯と口臭の関係について

口臭の原因は、主に『口の中』にあることが多いです。
虫歯や歯垢、歯石ももちろん口臭の原因になります。

 

歯垢とはプラークとも呼ばれ、食べ物のカスなどの歯の汚れのことを言います。言わば口の中のゴミですね。

 

ゴミを放置しておくと、嫌な臭いがしてきます。れと同じことが口の中でも起こっているのです。

 

ゴミである歯垢は、唾液に含まれるカルシウムによって石灰化してしまいます。この石灰化した歯垢が歯石です。

 

文字通り、歯に石がこびりついているような状態です。
こうなると、まず歯ブラシでは除去することは出来ません。

 

歯医者で除去してもらうしかないのです。
歯石も元は臭いを出す歯垢ですから、もちろん口臭の原因となります。

 

また、歯垢や歯石の付着した歯は虫歯になりやすいと言われています。

 

虫歯は、歯を溶かすときに細菌の出す『酸』と
食べ物のカスの分解臭が合わさって『悪臭』を放ちます。

 

虫歯そのものも臭いを放つ他、食べカスも臭いを出しますから、
それはキツい臭いとなることでしょう。

 

歯石を防ぐためには、『歯垢を残しておかないこと』が鉄則になります。
歯垢は、放っておくと2日で歯石になってしまうそうです。

 

もしも自分の口臭が気になって、なおかつ冷たいものがしみるなどの症状があるときには
虫歯があるのかもしれません。

 

一度歯医者に検診に行くことをおすすめします。

 

虫歯を放置して、神経にまで菌が到達してしまうと、
今までの虫歯による口臭を更に上回る腐敗臭がするようになります。

 

虫歯で歯が溶けているなんて見た目的にも良いものではありません。
そうならないためにも、定期的に歯医者で診てもらいましょう。

 

次のページでは、口臭対策に効果があると言われるサプリメントをご紹介します。

 

口コミで評判の良い口臭対策サプリメントランキング!