口臭 寝起き

寝起きの口臭を予防する最も効果的な方法

寝起きに口臭が気になるという人は多いです。おそらく、『最も口臭の気になるとき』とは寝起きのことだと思います。

 

どうして寝起きは口臭がキツくなるのでしょうか。

 

寝起きの口臭は、『生理的なもの』です。つまり、ある程度は仕方のないものなのです。

 

寝起きは口の中がねばついていると思います。
それは、睡眠中は唾液の分泌量が著しく少なくなるからです。

 

唾液が少なくなると細菌が大量に繁殖してしまいます。
この細菌が、ねばつきや臭いの原因となっているのです。

 

寝起きは口が渇いていることが多いと思いませんか?
これは唾液が少なくなっていたサインです。

 

睡眠中に唾液の分泌量が減るのは当たり前のことなので、
これ自体は防ぎようがありません。

 

しかし、細菌の繁殖を出来る限り抑えることは可能ですよ。
それは、『寝る前の歯磨き』です。

 

当たり前のことのように思いますが、
寝起きの口臭を防ぐためには、これが一番重要なのです。

 

化学物質が入っていない歯磨きを使うことがポイントとなります。

 

化学物質とは合成界面活性剤などのことで、
これらの成分が唾液と混ざると臭いを発することがあるので、
出来るだけ化学物質の含まれていないものが良いのです。

 

おすすめは、無着色・無香料で発泡剤やパラベンを使用していない「なた豆塩はみがき」です。
詳しくは次のページでご紹介します。

 

口臭が消えた!話題の歯磨き粉「なた豆塩はみがきプラス」 とは?