MENU
口臭治療予約

口臭の本当の原因とは?

朝起きたとき、人と近距離で話すときなど、『口臭が気になる』という人は多いと思います。
直接誰かに言われたわけではなくても、マナーとしてやはり気になりますよね。

 

なんだか嫌な臭いを放つ『口臭の原因』とは、一体何なのでしょうか。

 

口臭の原因には、大きく分けて2つあります。
それは『生理的口臭』と『病的口臭』です。

 

生理的口臭とは、食べ物やタバコ、アルコールなどによるものです。
食べ物ではにんにく・にら・ネギ・ラッキョウなどが代表的ですよね。

 

特ににんにくは、腸から吸収された『臭い成分』が
血液中から体内を巡り、肺に到達して息(口臭)になるのです。

 

にんにくの含まれた料理を食べたあとに嫌な臭いが長く続くのは、このためなのです。
このような生理的口臭は、牛乳や梅干し、レモンなどを食べることで消すことが出来ます。

 

次に『病的口臭』についてです。

 

病的口臭で最も多いのは虫歯や歯周病などの『口の中の病気』です。

 

虫歯は歯に穴があいている状態で、その穴に食べ物のカスがつまってしまいます。
すると食べ物のカスを餌に細菌が繁殖し、臭いとなるのです。

 

虫歯菌や歯周病菌が作り出す『揮発性硫化物』が、嫌な口臭の原因だと言われています。
他にも蓄膿症や扁桃炎、アデノイド、胃炎などが口臭の原因として考えられています。

 

特に胃炎などのときに舌に白いコケのようなものが付いていることがあります。
これは『舌苔』と言い、これが臭いの元となっている可能性が高いです。

 

このように、口臭の原因には様々なものが考えられます。

 

特に口臭の原因になるようなものは食べてないのに、
というときは、既に日常的に口臭のしやすい環境を作っているのかもしれません。

 

自分の口臭の原因を知り、対策をしていくことが改善する上で大切になりますよ。

 

次のページでは、口臭対策に効果があると言われるサプリメントをご紹介します。

 

口コミで評判の良い口臭対策サプリメントランキング!